片思い 高校生 同じ部活

高校生で同じ部活の人に片思いをしたときは?

スポンサーリンク

高校生は、中学生だった時よりも部活のレベルも高くなり、真剣度も高くなることってありますよね。
真剣に打ち込む分だけ、そんな異性の姿に気持ちが惹かれてしまうこともあるでしょう。
ですが、なかなかその気持ちが相手に伝わらず、いつまでも片思いってことも多いですよね。
高校生が同じ部活の人に片思いをしたときには、どのようにして気持ちを伝えていけばいいのでしょうか?
まずは、同じ部活であるということを最大限に生かして、接触するチャンスを少しでも増やすようにしましょう。
運動部であっても文化部であっても、同じ部活で同じ目標に向かって進んでいく以上、相談しあったり、協力する機会も多いでしょう。
一緒の目標に向けて話し合ったり協力する時には、恋も芽生えやすくなります。

スポンサーリンク

例えば、文化祭や体育祭などのイベントで協力しながら準備していた人たちが、一気に距離を詰めて恋愛関係に発展していたなんてことは身近にありませんか?
このように、一緒にいる時間が長かったり、直接会う機会が多いほど恋に発展しやすいといわれています。
ですので、部活にはできるだけ毎日参加して、好きになった人に会う機会をどんどん増やしていきましょう。
もちろん、ただ部活に出るだけではなく、毎回挨拶をしたり、時々話しかけるようにするだけでも気持ちは伝わりやすくなります。
仲良くなって来たら、大会などの打ち上げなどを利用して、一緒に食事に行ったり、遊びに行ってみるのも良いでしょう。
恥ずかしければ、同じ部活の友達に協力を依頼するのもいいですね。

スポンサーリンク