片思い 中学生 同じ部活

中学生が同じ部活の人に片思いしたときには

スポンサーリンク

小学校の時と違い、中学校に進学すると新しく始まるのが部活動ですよね。
毎日放課後に一緒に活動する分、一生の付き合いになる友達ができたりすることも多いようです。
しかし、できるのは友達だけではありません。
一緒に活動する時間が長い分、同じ部活の人が気になって好きになってしまうこともあります。
このように、中学生が同じ部活の人に片思いしたときには、どうすれば恋を実らせることができるのでしょうか?
同じ部活というのは非常に大きなチャンスです。
一緒にいる時間も自然に長くなりますし、目指す目標も一緒になっていきます。
同じ目標に向かって頑張っている仲間同士ならば、恋愛関係に発展しやすいからです。
ですので、毎日一緒にいられることを生かして、相手のことをよく知り、相手にも自分のことをわかってもらえるようにしましょう。

スポンサーリンク

そのために一番最初にできるのは、部活のたびに毎回挨拶をするなど、声をかけることです。
「おつかれ!」とか「今日も頑張ろう!」などといった感じで、相手のことをいたわったり、励ますような言葉をかけてあげると、より仲良くなりやすいです。
挨拶を続けているだけでも、だんだんと話しやすくなってきます。
相手の方から話しかけてくれるようになることもあるでしょう。
話しかける内容も、最初は部活に関することでいいでしょう。
だんだんと慣れてきたら、お互いのプライベートなことに関することを少しずつ話していくと、どんどん仲が深まっていきます。
好きな相手に話しかけようとすると、ついつい恥ずかしくて相手のことを遠ざけたくなることもありますが、これではいつまでたっても仲良くなることは難しいです。
毎日ちょっとだけでも話すことで、距離を近づけていきましょう!

スポンサーリンク